Instagram Facebook you tube TikTok

現場レポート

土岐市

岐阜県土岐市土岐津町 新築工事

2024.6.10

屋根の施工が行われています。
こちらの屋根はガルバリウムですね。

2024.6.9

上棟後、資材の搬入が行われサッシの取り付けも行われました。

毎週日曜日は弊社社長による現場パトロールの日です。
社長自ら現場に足を運び、現場の進捗確認はもちろん、安全管理・清掃・整理整頓など細かくチェックをしています。
こちらの現場はすべての項目において満点の現場です。
工事が進んでいってもこの状態がキープされるよう徹底していきます。

2024.6.4

朝から行われた建方工事でしたが夕方には建物が立ち上がりました。
こちらは平屋ですが、二階建てでもおおむね1日で立ち上がりますよ。
外壁には防水シートの施工が行われるまでブルーシートで養生を行います。

2024.6.4

建方後の現場内の様子です。
壁が倒れてずれてこないように支えをしながら建てていきました。

2024.6.4

屋根には防水シート(アスファルトルーフィング)の施工が行われています。
この後屋根材の施工が行われます。
屋根は一番最初に仕上がっていきます。

2024.6.4

朝から建方工事が行われています。
工場でカットされたパネルがトラックで運ばれてきます。
クレーンで吊り上げられたパネルを図面に沿って複数の大工さんで組み立てていきます。

2024.6.2

足場が組まれ、1階の床伏せ工事が行われました。
間もなく建方工事が行われます。

2024.5.25

基礎の枠が外れました。
基礎から出ている金物は基礎と建物を固定するための物です。
この後、基礎内に水道の給排水管などの引き込みが行われます。
そして、1階床伏せ工事・建方工事へと移っていきます。

2024.5.25

第三者機関の検査をクリアし、土台部分のコンクリートを流し込みました。
その後、立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを入れた後数日間養生期間を置きました。
今日は型枠を解体しています。

2024.5.19

基礎の配筋が組まれ、水道の配管の引き込みも終わっています。
この後第三者機関による配筋検査を受けます。
鉄筋の太さや間隔、施工がしっかり行われているか検査を受けた後コンクリートを流し込んでいきます。

2024.5.16

基礎、地面からの湿気の侵入を防ぐため防湿シートを施工しました。
この上に、基礎の配筋を組んでいきます。

2024.5.6

建物の建築予定地の地面に防蟻の薬剤を散布しています。
大切なお家を守るため、土壌からしっかりと対策を行っていきます。

2024.5.5

造成工事が行われ、基礎工事が始まっています。