Instagram Facebook you tube Pinterest

現場レポート

多治見市

岐阜県多治見市大薮町 新築工事

2022.5.22

内部の工事も進んでいます。
天井にボードが貼られ、少しずつ空間が出来上がってきていますね。

2022.5.22

外壁工事が進んでいます。
足場で隠れていますが、ガルバリウムが少しずつ貼られています。

2022.5.15

大工工事が進んでいます。
少しずつ壁が出来上がってきました。

2022.5.2

ユニットバスの取り付け工事が行われました。

2022.5.1

断熱材の施工が行われています。
この後、ボードで天井や壁が覆われて居室の空間が出来上がってきます。

2022.4.17

毎週日曜日は弊社社長による現場パトロールの日です。
現場の進捗確認はもちろん、整理整頓・安全管理がしっかり行われているかをチェックしています。
日本一きれいな現場づくりを掲げ、社員・業者とも徹底した現場管理を行っています。

2022.4.15

屋根裏部分から神様に工事の安全とお家の繁栄、ご家族の円満を見守っていただきます。

2022.4.15

外部では外壁の防水シートの施工が行われました。
第三者機関による施工チェックを受けた後、外壁材の施工を行っていきます。

2022.4.15

大工工事が進んでいます。
フローリングの施工が行われていますね。
施工後はキズや汚れを防止するため養生を行いますので、全体が見えるようになるのはまだ先になります。

2022.4.10

建物内に資材が運ばれてきています。
サッシの取り付けが行われます。

2022.4.6

バルコニーの防水工事が行われました。

2022.4.6

屋根の工事も順調に進んでいます。

2022.4.5

建物内に水道の配管工事が行われました。

2022.4.3

外壁部分は防水シートの施工が行われるまではブルーシートで養生をしています。

2022.4.1

早速屋根工事が行われています。
まずは、防水シート(アスファルトルーフィング)を施工します。

2022.4.1

床下にもしっかりと薬剤を散布します。

2022.4.1

建物内部、水回り周辺に防蟻処理の薬剤を散布し対策します。

2022.3.30

一日がかりで建物は建ち上がります。

2022.3.30

工場でカットされたパネルがトラックで運ばれてきます。
現場で数人の大工さんによって図面に沿ってパネルを組み立てられていきま す。
朝から始まった建方工事はお昼過ぎには2階部分に差し掛かっています。

2022.3.28

1階部分の土台伏せ工事が行われています。
断熱材、合板を敷き1階の床を仕上げていきます。

2022.3.27

基礎が完成し、足場が組まれました。
いよいよ建方工事が始まります。

2022.3.27

基礎内に水道の給排水管の引き込みも行われています。

2022.3.25

基礎が完成しました。
立ち上がり部分から出ている金物は、建物と基礎を固定するための金物(アンカーボルト)です。

2022.3.21

土台部分のコンクリートが固まったら立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを流していきます。

2022.3.17

配筋検査をクリアし、コンクリートを流し固めていきます。
空気を抜きながら均していきます。

2022.3.16

第三者機関による配筋検査を受けます。
規定の間隔で、決まった太さの鉄筋をしっかり組んであるかなど、検査を受けた後コンクリートを流していきます。

2022.3.16

基礎の配筋が組まれています。

2022.3.9

地面からの湿気が基礎内に上がってこないように防湿シートを施工しました。

2022.3.8

建築場所の土壌に防蟻の薬剤を散布します。
大切なお家を守るため、地面から徹底して対策を行います。

2022.3.7

造成工事が始まっています。